こちらのWebページは閉鎖されてます。
2014年2月時点のキャッシュ情報に基づき表示しています。

ザ・ブレイン・ジャパンスタッフ募集

「ザ・ブレイン・ジャパン[TBJ]」とは大前研一が設立を提唱している国家シンクタンク。特定の政党にも政府にも属さず、株式会社として広く国民から出資を受け、国家戦略を立案する。国民への「配当」は「すばらしい祖国」である。

TBJはまだ構想中です。興味のある方は連絡先をお知らせください。

頭脳提供者に応募する 我こそはと思う頭脳提供者がフルタイムのスタッフとして「最強国家ニッポンの設計図」の具体化作業、すなわち政党・政治家に踏み絵を踏ませるための政策を作る。国民にそれを開示・提供し、選挙の際の判断材料としてもらう。
資金提供者に応募する 資金的に余裕があるか、冥土の土産としても使い切れない遺産を持つ人が資本金をTBJに提供する。(配当は「最強国家ニッポンの設計図」で述べたような国が実現することによって支払われる。)

大前研一【おおまえけんいち】

1943年福岡県生まれ。
早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学[MIT]大学院原子力工学科で博士号を取得。
日立製作所原子力開発部技師を経て、72年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。
本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、94年に退社。
以後も世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして幅広く活動するとともに、「ボーダレス経済学」と「地域国家論」の提唱者としてグローバルな視点と大胆な発想で活発な提言を行なっている。
2005年には日本初の遠隔教育による経営大学院「ビジネス・ブレークスルー[BBT]大学院大学」を設立し、学長に就任。
日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。
著書に『日本の真実』『サラリーマン「再起動」マニュアル』『さらばアメリカ』[小学館]、『実践!問題解決法』[共著、小学館文庫]『50代からの選択』[集英社]、『新・国富論』『チャイナ・インパクト』『大前流心理経済学』[講談社]、『21世紀維新』『質問する力』[文藝春秋]、『大前研一新・資本論』『大前研一新・経済原論』[東洋経済新報社]など多数。
ビジネスブレークスルー
大前アンド・アソシエーツ グループ
日経BPnet
クレジットカード・海外旅行保険活用